民主主義を応援するポータルサイト

民主主義ってなんだ?民主主義ってなんだ?

選挙を変えよう。市民が変えよう。

dokkyo

いま米国アイオワ州のお寿司屋さんで働いているという、SEALDsメンバーの「どっきょ(山本雅昭)」さんが、日本の国政選挙に向けたメッセージ動画をつくりました。

社会を変える!サンダース旋風を日本でも

米国大統領選では、格差是正や教育の無償化などを訴える民主党のサンダース候補が、政党政治に見切りをつけた市民・若者の熱烈な支持を得て大躍進中。大企業からの大口寄付はいっさい受け取らず、草の根の市民からの小口の寄付でがんばっています。サンダース陣営は、有権者一人一人に「あなたは何ができるの?」と問いかけ、それぞれの強みを生かしてやれることをやっていく、そういうプラットフォームをつくっています。

市民が選挙をデザインし、これまで選挙といえば投票するだけの受け身だった市民が「動く」側に変わっていく。そんな選挙運動が、世界が驚く大きなうねりを生み出している…その様子を見たどっきょさんは、安保法反対で国会前に集まった日本の市民に向かって、「日本でも市民の手で同じような風を起こそうよ!」と呼びかけています。

思いを響きあわせ 望む未来をつくろう

政治は利害や利権のかけひきで見苦しい、政治家は信用できないし、堅苦しい法律や経済用語は苦手、選挙もダサくてつまらない・・・現状はまだ、そんなふうに見えるけれど。本来、政治や選挙は、わたしたちが意識の深い部分を響きあわせ、だれもが笑顔になれる未来をつくっていく、なによりもワクワクするプロジェクトでありうるはず。

政策や法律が、わたしたちの不安や諦めではなく、夢や理想や未来へ向かうエネルギーを呼び起こすものであるように。リーダーやヒーローを待望するのではなく、一人一人がドラマの主人公として、自分で情報を集め、自分の頭で考え、横につながりながら、ほんとうに求める未来を自分たちの手でつくっていく。そのための大切な一歩が、きっとこの夏の選挙です。今回の選挙は、市民の声に押された野党共闘の進展により、大きく形勢が変わる可能性があります。すべてはわたしたち次第です。

これを見て、さあ、あなたは何をしますか?いや、わたしたちで何をしましょうか?

【参考リンク】民主主義ってなんだ?の答えを生きる(記事ラストの「なにもしないよりずっと楽しい。デモクラ男子・デモクラ女子のできることリスト」)

テーマ

関連記事