民主主義を応援するポータルサイト

民主主義ってなんだ?民主主義ってなんだ?

武蔵美×朝鮮大が見せる「対話とアート」が壁を越えるとき(70seeds)

スクリーンショット 2015-11-20 12.16.27

東京都小平市で、50年以上も前から一枚の塀を隔てて隣り合って存在してきた、武蔵野美術大学と朝鮮大学校。2015年11月13日から21日までの1週間、両大学を隔てる塀に橋が架かっています。

今回、イベントとして外に向けて告知されたのはこの1週間ですが、2つの大学のアーティストたちは、この橋をかけるプロジェクトがはじまる数年前の311後から、対話とアートを共有してきました。その深い内容が示唆に富む記事にまとめられています。

「属性をつきつけられることって、誰しもが苦痛を伴うもの」

日本人であること。在日朝鮮人であること。その属性を取り払い、個人として対話することはできるのか?ベルリンの壁のように、壊して、なくして、めでたしめでたしとはいかないのか?

「属性」や「壁」をたやすく乗り越えられるような気分になるのは、いつもマジョリティの側。それこそが無自覚な同化主義であることに、日本人アーティストは対話の中でようやく気づかされます。

マジョリティ側に足りない、想像力。平和をともにつくるには?

彼らの4年にわたる試行錯誤からの学びはそのまま、沖縄と日本の間にも当てはまるものでもあり、わたしたちが東アジアに平和をつくろうとするときにも大切にしたいことではないでしょうか。⇒記事を読む

d0d01429a9f154ae38599801f1cf620b

このページは外部サイトの記事を紹介をするものです。(画像は元サイトからのキャプチャです。このページ自体のシェアは自由です。)

引用元武蔵美×朝鮮大が見せる「対話とアート」が壁を越えるとき(70seeds)
URLhttps://www.70seeds.jp/musabi-108/

テーマ

関連記事