民主主義を応援するポータルサイト

民主主義ってなんだ?民主主義ってなんだ?

ぼくらの民主主義なんだぜ

ぼくらの民主主義なんだぜ

難易度=☆

いつの間にか、まるでタブーのように、あるいは人まかせにして、避けて通ってきてしまった何か。かけがえがなく、つかみどころもなかった民主主義の輪郭を、ぼくらは何度でもとらえ直そう。何度つかみそこねても、それはぼくらのものだから。

311直後から始まった連載コラムのまとめ。わかりづらい空気をわかりやすい言葉で説く。絶望しないための48か条。

内容紹介

「論壇時評」はくしくも3月11日の東日本大震災直後からはじまり、震災と原発はこの国の民主主義に潜んでいる重大な欠陥を炙り出した。若者の就活、ヘイトスピーチ、特定秘密保護法、従軍慰安婦、表現の自由……さまざまな問題を取り上げながら、課題の解決に必要な柔らかい思考の根がとらえる、みんなで作る「ぼくらの民主主義」のためのエッセイ48。
大きな声より小さな声に耳をすませた、著者の前人未到の傑作。
2011年4月から2015年3月まで、朝日新聞に大好評連載された「論壇時評」に加筆して新書化。(Amazonより)

目次から

ことばもまた「復興」されなければならない/スローな民主主義にしてくれ/民主主義は単なるシステムじゃない/〈東北〉がはじまりの場所になればいい/国も憲法も自分で作っちゃおうぜ/自民党改憲案は最高の「アート」だった/ぼくらはみんな「泡沫」だ/戦争を知らない世代こそが希望なのか/DV国家に生まれて/ぼくたちはみんな忘れてしまうね/わたしたちは自ら望んで「駒」になろうとしているのかもしれない/「アナ雪」と天皇制/クソ民主主義にバカの一票/「怪物」は日常の中にいる

著者について

高橋源一郎

1951年生まれ。作家、明治学院大学国際学部教授。横浜国立大学経済学部中退。1981年『さようなら、ギャングたち』で第4回群像新人長編小説賞優秀作、1988年『優雅で感傷的な日本野球』で第1回三島由紀夫賞、2002年『日本文学盛衰史』で第13回伊藤整文学賞、2012年『さよならクリストファー・ロビン』で第48回谷崎潤一郎賞受賞

ぼくらの民主主義なんだぜ (朝日新書)

ぼくらの民主主義なんだぜ (朝日新書)

  • 作者:高橋源一郎
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 発売日: 2015-05-13

テーマ

関連記事