民主主義を応援するポータルサイト

民主主義ってなんだ?民主主義ってなんだ?

ドキュメント 戦争広告代理店 情報操作とボスニア紛争

ドキュメント 戦争広告代理店 情報操作とボスニア紛争

難易度=☆☆

戦争ってどうはじまるの?政府が民間のPR会社に依頼して、国際世論を操作して、「悪者」をつくりだす。「情報を制する国が勝つ」とはどういうこと?世界中に衝撃を与え、セルビア非難に向かわせた「民族浄化」報道は、実はアメリカの凄腕PRマンの情報操作によるものだった。新聞を読んでいてもわからない、世界の戦争の真実。

内容紹介

銃弾より「キャッチコピー」を、ミサイルより「衝撃の映像」を!演出された正義、誘導される国際世論。ボスニア紛争の勝敗を決したのはアメリカPR企業の「陰の仕掛け人たち」だった。講談社ノンフィクション賞・新潮ドキュメント賞をW受賞した傑作。(Amazonより)

目次

序章 勝利の果実
第1章 国務省が与えたヒント
第2章 PRプロフェッショナル
第3章 失敗
第4章 情報の拡大再生産
第5章 シライジッチ外相改造計画
第6章 民族浄化
第7章 国務省の策謀
第8章 大統領と大統領候補
第9章 逆襲
第10章 強制収容所
第11章 凶弾
第12章 邪魔者の除去
第13章 「シアター」
第14章 追放
終章 決裂

著者について

高木徹(たかぎとおる)

1965年、東京都生まれ。’90年、東大文学部卒。同年、NHKにディレクターとして入局。報道局勤務などを経て、現在、福岡放送局勤務。2000年10月に放送されたNHKスペシャル「民族浄化~ユーゴ・情報戦の内幕~」は、優秀なテレビ番組に贈られる、カナダの第22回バンフテレビ祭「ロッキー賞(社会・政治ドキュメンタリー部門)」候補作となる。

テーマ

関連記事