民主主義を応援するポータルサイト

各地のムーブメント各地のムーブメント

NPO法人 無国籍ネットワーク

mukokuseki

あなたがもし、民主主義の「民」にカウントされない存在。と生まれた時から決められていたら?ある時、二国間の政治的事情でそう決められたら?日本国内に把握されているだけでも1,234人はいる「無国籍問題を抱える人」の支援に取り組むのが、NPO法人無国籍ネットワークだ。

「無国籍問題を抱える人」の実態をまず見てみよう。

Q 日本にも無国籍者がいるの?

A 日本にも無国籍者がいます。2010 年の外国人登録統計によれば、「無国籍」として1,234 人が登録されています。しかし、どこかの国籍があるとされていても、その国からは国民として扱われていないこともあるため、実際にはこの数字以上に無国籍の方がいるだろうと考えられています。
たとえば、日本で生まれた難民2世や、タイで生まれ日本に渡ってきたベトナム難民2世、中国出身の無国籍者などがいます。

Q 無国籍者は日本に住んではダメ?

A 在留資格のない無国籍者は、日本からの退去を強制されても行くところがありません。
無期限で長期間にわたり収容される危険性があります。在留資格がなければ、健康保険、年金、生活保護などの社会保障が受けられません。

新しい出入国管理政策によれば、在留資格のない無国籍者には何ら身分証が発行されないため、透明人間という扱いを受けかねません。

Q 無国籍の子どもたちはどうなるの?

A 非正規滞在の外国人の母親から生まれた子どもは、母親が摘発や強制送還をおそれて、どこにも出生届を出さないためにどこの国にも登録されず、無国籍状態に陥ることがあります。

どこにも登録されない子どもたちは、予防注射を受けることができず、健康保険にも入ることができないことから、健康を害する危険にさらされています。

日本で生まれた無国籍の子どもたちは、アイデンティティーの問題に直面するおそれがあります。どこにも帰属できない、自分はナニジン?何者なのか?など、深い自問に悩み続けることも少なくありません。

(サイトより引用)

無国籍者は様々な問題を抱えながら暮らしているということがわかる。中でも、在留資格を持たない無国籍者は深刻な状況にある。それは、下の「無国籍者の声」からもうかがえる。

私は1952年4月16日中国上海にて出生。1989年2月ボリビア共和国に移住し、1993年4月ボリビア国籍に帰化しました。

1995年2月28日、私は三ヶ月ビザでビジネス訪問のため来日。
4月、中国国籍に戻るため、中国大使館の指示どおり、先にボリビア国籍を放棄し、中国国籍の回復手続きをしました。
しかしその後、中国大使館と北京の中国公安部の食違いにより、中国国籍の申請は却下され、結果として私は無国籍の状態になり、日本以外に滞在する所がなくなりました。

生きるために仕事をしなくてはならず、私は身に付けていた気功整体の技術を生かして、気功整体師として働き始めました。

13年以上無国籍の状態で、一番感じるのは精神的な苦しみです。家族、親戚と長い間離れ離れになり、母親は昨年90歳で亡くなりました、長男の私は最期の面会、葬式にすら出席することもできませんでした。泣きながら私はこれ以上悲しいことは無いと思いました。

56歳になった私はもう一つ悩みがあります。健康保険に加入できないことです。私は「国籍は一体なんなのか」と時々思います。国籍がなくても人間として生存の基本的な権利はあります。今の私の、すべての生活基盤は日本にあります。日本以外では生きて行けません。ですから国籍より、日本における在留資格がもっと大切だと思います。

私は2007年1月に東京入国管理局に出頭し、在留特別許可を求めました。今は、まだ違反審査の段階で待っています。
一日も早く在留特別許可を下さるように心から祈ります、皆様の応援をよろしくお願いします。

※2010年11月4日、李さんに在留許可が下りました。本当におめでとうございます。

(サイトより引用)

ナニジンであろうと、地球上のどこにいようと、基本的人権は守られなければならない。同じ日本に暮らしながらも、困難な状況に置かれ続けている彼ら彼女らのこと。まずは皆が知らなければならない。

 

NPO法人 無国籍ネットワーク 概要

地域神奈川県
住所神奈川県横浜市中区山下町129番地
運営特定非営利活動法人 無国籍ネットワーク
URLhttp://statelessnetwork.sakura.ne.jp/wp/
Mailofficer@stateless-network.com

テーマ

関連記事

各地のムーブメント
トップへ

カテゴリーから探す

テーマから探す

支援募集中 このサイトについて お問い合わせ