民主主義を応援するポータルサイト

各地のムーブメント各地のムーブメント

ピースウォークマート in 読谷

pwmwatude

「安保関連法のこと、政治のこと。もっと気楽に話し合える雰囲気を、まずはこの村につくろう。」そんな思いではじまった沖縄県読谷村のこのプロジェクトは、毎月1度、フリマとコール無しのサウンドパレードを開催するというもの。参加しやすい内容のためか、第1回目の10月4日には、小さな子ども・学生・子育て層・地元のおじいおばあまで、多様な顔ぶれが集まった。

市場の軒先でフリマ。

主催メンバーは30代40代の読谷村民。安保関連法に強い危機感と憤りを感じ、何かやろうよ!と集まったのだという。「とはいえ、その憤りを前面に出すのではなく背後に隠し持って、楽しい雰囲気をまずは提供することにしました。」とメンバーの1人は語る。

生まれ育った地元の人脈を活かし、ありとあらゆる知人に声をかけることから始めた。「出店しない?」「サンシンでも弾いてよ!」手渡すチラシには、安保関連法についての危機感を正直に書いた。でも、引かれることはあまり無かったという。引かれるどころか頼れる協力者がどんどん増えていった。やがて全国的に活躍する彫刻家や作家、村の市場や役場までもが「全面的に協力するよ」ということに。

市場が場所を提供してくれることになった。これならフラっと通りかかった人の目にも止まる。野菜を買いに来たらフリマがある。ちょっと見てみよう。フラダンスもある。楽しい。もう少しここにいてみよう。チラシが目に留まる。「アンポってなに?ああ、あれね。持って帰って読んでみようね。」そんな会話も聞こえてきた。

1004fura

サウンドパレードに参加した人の感想は「歌も楽器も踊りもあって、子連れも楽しめた。」「シュプレヒコールとかは苦手なんだけど、ただ歩くだけだから参加できた。何か言いたい人はマイク渡すから言えば?的な雰囲気が良かった。」などなど。

「政治のことって話しづらいよね」から、もう一歩先へ進めますように。このイベントが、そのきっかけになれたらとても嬉しく思います。

(当日配られたチラシより抜粋)

というメンバーの願いは、確実に叶えられそう。

 

ピースウォークマート in 読谷 概要

地域沖縄県
運営ピースウォークマート in 読谷
URLhttps://www.facebook.com/Peace-Walk-Mart-in-Yomitan-1713809412174055/timeline/
Mailpeacewalkmart@gmail.com

テーマ

関連記事

各地のムーブメント
トップへ

カテゴリーから探す

テーマから探す

支援募集中 このサイトについて お問い合わせ