民主主義を応援するポータルサイト

各地のムーブメント各地のムーブメント

べてるの家

betel

助け合い、笑い合い、支え合って、自分たちのことは自分たちで決めて暮らす。そんな暮らしが自治であり、デモクラシーだとしたら、ここはまさにそんな場所。

精神障害などを抱えた人々が、コミュニティをつくり、自分たちでルールを決める。仕事も自分たちでつくりだす。彼らが定めた「理念」を見てみよう。

・三度の飯よりミーティング
・安心してサボれる職場づくり
・自分でつけよう自分の病気 
・手を動かすより口を動かせ
・偏見差別大歓迎 
・幻聴から幻聴さんへ
・場の力を信じる
・弱さを絆に
・べてるに染まれば商売繁盛 
・弱さの情報公開
・公私混同大歓迎 
・べてるに来れば病気が出る
・利益のないところを大切に
・勝手に治すな自分の病気 
・そのまんまがいいみたい
・昇る人生から降りる人生へ
・苦労を取り戻す
・それで順調

(サイトより引用)

ユニークな理念のとおり、「べてるの家」では、人々が楽しそうに精神障害と向き合っているように見える。たとえば、日々の活動の功績をたたえ合い、障害について学ぶ機会も提供する「べてるまつり」では、精神障害の症状のひとつである幻覚症状を「幻聴さん」と名づけ、幻覚妄想大会を開く。際立った幻覚エピソードをもつ人を「グランプリです!」と表彰する。病気の症状をひとりで抱え込まず、みんなでシェアし、面白がりながらつきあっていく姿に勇気づけられる。

「べてるの家」についてもっと知りたければ、べてるブックスから本を選んでみよう。『安心して絶望できる人生』『治りませんように』『降りていく行き方』。デモクラシーの担い手たちの、多様な輝きがそこにある。

べてるの家 概要

地域北海道
住所〒057-0024 北海道浦河群浦河町築地3-5-21
運営 社会福祉法人 浦河べてるの家
URLhttp://bethel-net.jp/
TEL0146-22-5612

テーマ

関連記事

各地のムーブメント
トップへ

カテゴリーから探す

テーマから探す

支援募集中 このサイトについて お問い合わせ