民主主義を応援するポータルサイト

各地のムーブメント各地のムーブメント

セカンドハーベスト・ジャパン

secondh

菅原文太さんの言葉を借りれば「政治とは、国民を飢えさせないこと」。いまの日本では、余った食べ物を、足りないところに回すシステムをつくることだ。そう考えた人々が、大企業も巻き込んで動き出した。

日本初のフードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」。

食品製造メーカーや農家、個人などから、まだ充分食べられるにも関わらずさまざまな理由で破棄される運命にある食品を引き取り、それらを児童養護施設の子供たちやDV被害者のためのシェルター、さらに路上生活を強いられている人たちなどの元に届ける活動を行っている。

今日本では膨大な食糧が廃棄されている。その一方で先進国にも関わらず、約2000万人の方が、貧困線以下で暮らしており、食べ物が足りていない状況だ。

そこではじめたのがこのフードバンク。一方に余っている食べ物があり、他方で食べ物に困っている人がいて、それをつなぐ活動(食べ物の仲人役)である。余っている食べ物を持っている支援者の方と、
食べ物を必要としている受益者の方とをつなぐ役割だ。

特徴としては、市民が集まって始めた活動にもかかわらず、現在では企業も巻き込んでの大きなムーブメントとなっているところだ。食料廃棄問題の解決が、飲食店、企業、行政、そして食べ物に不足している人のニーズにうまくマッチした。

今後の活動目標は、「フードライフライン」と「フードセーフティーネット」の構築。電気・ガス・水道のようなインフラのライフラインと並列に、フードライフラインの構築を目指していく。

(サイトより引用)

 

セカンドハーベスト・ジャパン 概要

地域東京都
住所〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-1 水田ビル1F
運営マクジルトン・チャールズ
URLhttp://2hj.org/about/
TEL03-5822-5371

テーマ

関連記事

各地のムーブメント
トップへ

カテゴリーから探す

テーマから探す

支援募集中 このサイトについて お問い合わせ