民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

≪シリア内戦取材・報道の現在/安田純平氏の拘束から2年≫

4月15日 @ 6:00 PM - 9:00 PM

| ¥1000
0813b

≪シリア内戦取材・報道の現在/安田純平氏の拘束から2年≫

【日時】(土)2017年4月15日午後6時15分開始(午後6時開場)~午後9時ごろ終了予定
【場所】 文京区 区民センター・2-A会議室(2階) 
〒113-0033
東京都文京区本郷4-15-14
最寄り駅
都営三田線 春日 A2出口 徒歩 2分
東京メトロ丸の内線 後楽園 4b出口 徒歩 5分
中央線 水道橋 東口 徒歩 15分

【参加費】1000円(予約不要、当日先着順にて受付)

【内容】

①「シリア内戦で経験した危険地取材の教訓」(報告:桜木武史氏)
シリア内戦の始まりから5回にわたる現地取材をもとに『シリア 戦場からの声 内戦2012-2015』を著し、2016年度「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を受賞したジャーナリストが、最悪の内戦 の取材体験を語ります。

②シリア反体制支配地域で戦争報道を担う市民ジャーナリストたち(報告:川上泰徳)
外国メディアが入ることが困難になったシリア反体制支配地域で、戦争報道を担っている現地の市民ジャーナリストたちの活動を紹介、その課題や問題点を探ります。シリア市民ジャーナリストたちの活動の映像も上映。

③シリア・アサド政権下の取材現場から
(報告:秌場(あきば)聖治氏‐TBS外信部記者/木村一浩氏‐共同通信カイロ支局長)
シリアの首都ダマスカスや、昨年12月にアサド政権が制圧した街アレッポなどをこれまで取材した新聞記者とテレビ記者が、その取材現場の実態と体験を語ります。

④「危険地報道を考えるジャーナリストの会」から安田純平氏救出のためのアピール

当日内容・報告者は事情により変更の可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【お問い合わせ】 kikenchihoudou[at]yahoo.co.jp (「危険地報道の会」事務局)
[at]を@に代えてください

【主催】「危険地報道を考えるジャーナリストの会」http://www.kikenchisyuzai.org/
(世話人)土井敏邦/川上泰徳/石丸次郎/綿井健陽/五十嵐浩司/高橋弘司
【共催】アジア文化会館(公益財団法人アジア学生文化協会)
http://www.kikenchisyuzai.org/2017/03/16/debriefingsession/

詳細

日付:
4月15日
時間:
6:00 PM - 9:00 PM
料金:
¥1000
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
http://www.kikenchisyuzai.org/2017/03/16/debriefingsession/

会場

文京区民センター
本郷4丁目15-14
文京区, 東京都 日本
+ Google Map