民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

朝日新聞阪神支局襲撃事件から30年~赤報隊を生んだ時代状況は変わったのか~

4月27日 @ 6:45 PM - 8:50 PM

| ¥1500

朝日新聞阪神支局襲撃事件から30年
赤報隊を生んだ時代状況は変わったのか

■日時:2017年4月27日(木)18時45分~20時50分
■受付時間:18時15分~
■会場:明治大学・研究棟4階・第2会議室/★要予約(定員50名)
(東京都千代田区神田駿河台1-1/JR「御茶ノ水」西口下車/地下鉄千代田線「新御茶ノ水」/都営三田線・半蔵門線「神保町」下車)
■資料代:1500円/明治大学生・院生無料(要予約)

★予約⇒お名前、所属、会員の有無、Eメール、電話番号を記載の上、配布資料の準備の関係上、必ず2日前までにEメール(apc@cup.com 宛)でお申込み下さい。返信メールでの承認がなかれば参加できませんので注意願います。

■ゲスト:樋田毅さん(朝日新聞大阪秘書役)

1987年5月3日。40回目の憲法記念日に朝日新聞阪神支局を黒ずくめの散弾銃を手にした男が襲撃し、記者2人を殺傷してから30年が経過します。赤報隊を名乗る犯人は未だに特定、逮捕されず、未解決事件となったままです。
 当時を振り返れば、国家主義者の中曽根首相の下、国家秘密法の制定が急がれ、終戦記念日に首相が靖国神社参拝を強行、防衛費1%枠の突破が強行された時代でした。そして今日、国家主義者の安倍首相の下、特定秘密保護法と安保法制(戦争法)が強行採決され、共謀罪の強行成立を目前にしています。防衛費も安倍政権下で5年連続の増額、初の総額5.1兆円超えが実現しました。30年前は、リベラルな論調で政権に対峙した朝日新聞が赤報隊の標的にされました。
 4月定例会は、本来の仕事のかたわら、独自に事件を追い続けてきた樋田毅さんをお招きします。捜査当局とは別に犯人を追ってきた軌跡、事件がメディア全体に与えた影響、当時も今も指摘される「権力と民衆に挟撃されるメディア」という言論状況と事件との関係について報告していただきます。

樋田毅 1952年生まれ。早稲田大学卒。78年朝日新聞社入社。大阪社会部、和歌山総局長、電波電子メディア担当補佐、朝日カルチャーセンター大阪本部長などを経て2013年から現職。『新聞社襲撃 テロリズムと対峙した15年』(岩波書店)、『言論の不自由』(径書房)を取材班キャップとして監修-執筆。

■主催:アジア記者クラブ(APC)
http://apc.cup.com/

詳細

日付:
4月27日
時間:
6:45 PM - 8:50 PM
料金:
¥1500
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
http://apc.cup.com/

会場

明治大学駿河台キャンパス
神田駿河台1-1
千代田区, 東京都 101-8301 日本
+ Google Map
Webサイト:
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html