民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

水俣展サポーター会議 キックオフ講演会2

4月22日 @ 2:10 PM - 5:00 PM

| ¥500
event201704

水俣展サポーター会議 キックオフ講演会2
公式確認60年、今だからこそ 水俣病から考える

講演と対話
上野真実子(水俣病患者家族)×佐高信(経済評論家)×小宮悦子(キャスター)

日時:2017年4月22日(土)
 2時10分~45分(1時30分開場) 記録映画「水俣病Q&A」上映
 3時~5時(2時45分再開場)   キックオフ講演会
会場:熊本学園大学髙橋守雄記念ホール
熊本市中央区大江2-5-1(14号館)、552席、全席自由
入場料 一般500円、グリーンコープ組合員無料
申込み 事前の申込みは不要です。当日会場に直接お越しください。

いまや環境汚染の国際的シンボルとなった水俣病は、発生が確認されて60年になる今日に至っても新たな患者からの申請がつづき、解決したとは言えない状況です。
この事件についての展覧会「水俣展」はすでに全国で24回開催され14万人の入場者を得て、各種メディアから高い評価を受けています。一方で、福島原発のメルトダウン以降次々と起こる問題は、この国がいかに「水俣」から学んでいないかを痛切に物語っています。
だからこそ私たちは、熊本初の「水俣展」開催準備を始めましたが、熊本地震により中断。その再開に向けて改めて皆さまに準備を担うサポーターになっていただきたく、昨年につづいて水俣病講演会を開催します。ぜひお越しいただき、「水俣展」の開催にご助力下さいますようお願いいたします。

・参加費には映画鑑賞も含みます。
・終了後、講師を囲んで会場近くの飲食店で懇親会を行います。参加費は2000円~2300円程度です。どうぞご参加下さい。

【出演者プロフィール】
上野真実子 うえの まみこ 1962年熊本県水俣市生まれ。小学校教員。71年、患者運動のリーダーだった父・川本輝夫らがチッソへの座り込みを開始、嫌がらせを受ける。72年父が逮捕され、家宅捜索を体験。80年熊本大学に入学、熊本市の繁華街でカンパ活動を行う。84年小学校教員となる。88年結婚。93年水俣第一小学校に転勤、授業で初めて自身の体験を語る。99年父死去。
佐高 信 さたか まこと 1945年山形県に生まれる。67年慶應義塾大学卒業後、高校教師となる。72年、経済誌の編集者に。82年、評論執筆活動に入り、企業・行政に媚びない姿勢で人気を得る。96年の水俣・東京展、10年の明治大学展で講演。水俣病担当中に自殺した環境庁高官らを描いた『官僚たちの志と死』、『原田正純の道水俣病と闘い続けた医師の生涯』ほか著書多数。
小宮悦子 こみや えつこ 1958年東京都に生まれる。81年東京都立大学卒業後、テレビ朝日入社。85年「ニュースステーション」放送開始から13年間サブキャスターを務め、久米宏とのコンビで視聴者の支持を集める。91年にフリー。98年「スーパーJチャンネル」のメインキャスターとなる。2014年より名古屋外国語大学客員教授。2015年初めて水俣を訪問。水俣フォーラム会員。

【上映作品紹介】
「水俣病ビデオQ&A」 構成:佐藤真、企画:水俣フォーラム、1996年、DVD30分
水俣展の展示映像として、土本典昭監督の「水俣」シリーズの映像を再編集。「水俣病は治らないのですか?」「水俣の魚は今は食べられるのですか?」「水俣病の解決とは何なのでしょうか?」など、水俣病についてよく聞かれる8つの質問に、映像とナレーションを用いて端的に答え、問題の本質を浮き彫りにする。

主催 グリーンコープ、水俣フォーラム
問合せ グリーンコープ TEL096-324-8118 E-mail:j0kmj0[at]greencoop.or.jp
水俣フォーラム TEL:03-3208-3051 E-mail:mf1997[at]minamata-f.com
[at]を@に代えてください

http://www.minamata-f.com/evt_170422.html

詳細

日付:
4月22日
時間:
2:10 PM - 5:00 PM
料金:
¥500
イベントの種類:
,
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
http://www.minamata-f.com/evt_170422.htmlhttp://www.minamata-f.com/evt_170422.html

会場

熊本学園大学髙橋守雄記念ホール
中央区大江2-5-1
熊本市, 熊本県 862-0971 Japan
+ Google Map