民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

安倍の「働き方改革」の正体!ー「企業ファースト社会」がもたらすものー

6月20日 @ 6:30 PM - 8:30 PM

| ¥800

安倍の「働き方改革」の正体!

ー「企業ファースト社会」がもたらすものー

         ■講師 竹信三恵子さん

・この4月から「働き方改革関連法」が施行されました。安倍政権は、残業時間の上限規制などにより、働き過ぎの是正を図るなどとしています。ただ、それは過労死すれすれの残業を認める結果になるのではないかなどの批判があがっているほか、労働時間保護がない働き手をつくりだす「高度プロフエッショナル制度」が導入されてしまいました。

・労働問題を専門とするジャーナリスト、竹信三恵子さんは、「改革」という言葉の下で、 戦後曲がりなりにも確保されていた労働権や生存権を保障する労働政策が、「生産性と国力増強のための労働政策」へ転換されようとしていると警鐘を鳴らしています。
・「企業ファースト社会」をキイワードに、アベ政権の「一億総活躍政策」に切り込んで おられる竹信さんに、「働き方改革」の批判を通して、労働現場での闘い方を提言していただきます。

 《 竹信 三恵子(たけのぶ みえこ)さんのプロフイール 》

・ジャーナリスト。東京生まれ。1976年、朝日新聞社に入社。水戸支局、東京本社経済部、シンガポール特派員、学芸部次長、編集委員兼論説委員(労働担当)などを経て2011年から和光大学現代人間学部教授。2019年から退職して同大名誉教授。
・著書に「ルポ雇用劣化不況」(岩波新書 日本労働ペンクラブ賞)、「女性を活用する国、しない国」(岩波ブックレット)、「ミボージン日記」(岩波書店)、「ルポ賃金差別」(ちくま新書)、「しあわせに働ける社会へ」(岩波ジュニア新書)、「家事労働ハラスメント~生きづらさの根にあるもの」(岩波新書)、「正社員消滅」(朝日新書)など。共著として「『全身○活時代~就活・婚活・保活の社会論』など。
・2009年貧困ジャーナリズム大賞受賞。

——————————————————————

■日時 6月20日(木) 18時30分~
■会場  劇団展望(東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-3-32)
    ●地下鉄丸の内線・南阿佐ヶ谷駅から徒歩3分、
    ●JR阿佐ヶ谷駅南口から徒歩8分

■参加費 800円(学生400円)

■連絡先 東京都杉並区今川4-23-15-205(阿佐ヶ谷市民講座実行委員会)
    ●直通電話: 090-8080-6860 
■メール:asagayashiminkouza[at]yahoo.co.jp /■ブログ:http://ameblo.jp/asagaya-kouza
[at]を@代えてください

主催 阿佐ヶ谷市民講座実行委員会
https://ameblo.jp/asagaya-kouza/entry-12464219542.html

詳細

日付:
6月20日
時間:
6:30 PM - 8:30 PM
料金:
¥800
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
https://ameblo.jp/asagaya-kouza/entry-12464219542.html

主催者

阿佐ヶ谷市民講座実行委員会

会場

劇団展望
阿佐ヶ谷南3-3-32
杉並区, 東京都 166-0004 Japan
+ Google Map