民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

F20 ハイレベルフォーラム 持続可能な脱炭素経済に向けて 公正な移行のための投資の流れをつくる

6月13日 @ 10:00 AM - 6:00 PM

F20 ハイレベルフォーラム
持続可能な脱炭素経済に向けて
公正な移行のための投資の流れをつくる

自然エネルギー財団は、F20(Foundations Platform, F20)と共催で、2019年6月13日に第3回F20ハイレベル・フォーラム「持続可能な脱炭素経済に向けて:公正な移行のための投資の流れをつくる」を開催します。本フォーラムは、2019年日本で開催されるG20大阪サミットにむけ、持続可能な開発のための2030年アジェンダ(SDGs)およびパリ協定目標の達成のために、最も重要な課題は何か、地球規模での気候変動対策、自然エネルギーへの転換、柔軟性ある社会の構築について議論いたします。長期的な持続可能な脱炭素社会への移行は、差し迫る気候変動のリスクを解決するだけではなく、経済成長を促し、雇用の創出、人々の健康の保全、途上国の発展など、さまざまな機会を創出します。ぜひご参集のほど、よろしくお願いいたします。

日時 2019年6月13日(木)10:00-18:00 (9:15 受付開始)
会場 イイノホール
〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目1−1 飯野ビルディング
東京メトロ 日比谷線・千代田線 「霞ケ関」駅 C4出口直結
・東京メトロ 丸ノ内線 「霞ケ関」駅 B2出口 徒歩5分
・東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅 9番出口 徒歩3分

主催 F20(Foundations Platform F20)
公益財団法人 自然エネルギー財団
参加登録・参加費 無料(要事前登録・先着順)登録はこちら
https://renewable-ei2.org/form/pub/reg/190613

自然エネルギー財団は、6月13日(木)に、F20(気候変動対策にコミットする世界の財団の国際ネットワーク:Foundations Platform)と共にハイレベル・フォーラム「持続可能な脱炭素経済に向けて」(千代田区・イイノホール)を開催いたします。
以下にこのイベントの主な登壇者(敬称略)と見どころをご紹介します。奮ってご参加ください!

エイモリー・B・ロビンスが「グリーン・ニューディール」を語る

午前の基調講演に登壇するエイモリー・B・ロビンス(ロッキーマウンテン研究所)は、最近、ニューヨークタイムズに「米国のエネルギー転換は止まらない:グリーン・ニューディールの経済効果」を寄稿し、トランプ政権の下でも、米国のビジネスが先導して脱炭素経済への転換が進む状況を浮き彫りにしました。
講演では、グリーン・ニューディールの意義を語り、日本でのビジネスモデル転換をよびかけます。
「気候政策に最も影響力をもつ100人」マリナ・シルバが気候変動対策の緊急性を語る

午後の基調講演に登壇するマリナ・シルバは、元ブラジル環境大臣ですが、2019年「気候政策に最も影響力をもつ100人」に選ばれました。2014年にはファイナンシャルタイムズ紙によって「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に、2009年には「アマゾン熱帯雨林の保護活動で比類のない勇気と功績を示した」として、国際的な環境保護活動に貢献した人物に贈られるソフィー賞を受賞しています。
脆弱な途上国などにおいて、既に大きな被害をもたらしている気候変動への対策強化の緊急性について語ります。
セッション 1:新しい脱炭素経済によるSDGsの実現を議論する

セッション1では、脱炭素とSDGsの両方の取組みにより、新しい経済を確立する展望を議論します。三菱総研理事長小宮山宏、ブルッキングス研究所アマール・バタチャリアは、ともに世界のシンクタンクのネットワーク「T20」の共同議長です。世界の英知を代表するシンクタンクのリーダーが、脱炭素経済の確立が可能であることを示します。
またパネルディスカッションでは、G20グリーン資金スタディグループ 共同議長のマ・ジュン(中国金融学会グリーン金融委員会 委員長)が、世界が向かうグリーンファイナンスの状況と緊急性を提起、ドイツ・石炭委員会委員のフェリックス・マテス(エコ研究所)が、先進国が進める脱石炭の状況と可能性を、スコット・トラストのキャサリン・ハワース、CDPジャパンの森澤充代は、投資における持続可能性担保の責任と世界・日本の動向について提起します。
セッション 2:2050年脱炭素化をめざすエネルギー転換を議論

セッション2では、国際再生可能エネルギー機関のドルフ・ギーレンがエネルギー転換により、経済と持続可能性を両立させながら世界が脱炭素経済を確立することが可能であることを豊富なデータで明らかにします。また、2045年100%自然エネルギー目標を決定する推進力となったブループラネット財団会長のヘンク・ロジャースが、ハワイの挑戦を語ります。

日本からの二人のパネリスト(笹川平和財団 会長 田中 伸男、 自然エネルギー財団 大野輝之)をふくめ、内外のエネルギー専門家がIPCCの1.5℃報告書が提起した2050年までの脱炭素化を実現する道筋について議論します。
セッション 3:日本のG20に向けた期待を語る

セッション3では、日本のG20開催に向けて、投資家、起業家、自治体、途上国、市民それぞれの立場から、日本に対する期待とともに、脱炭素経済の促進こそが要の使命であり、十分に可能である事を、実際の事例を持って提起します。インド・セルコ財団のハリッシュ・ハンデは、途上国のエネルギーアクセスを先駆的事業によって克服、エネルギー転換と持続可能な開発の両輪を事業理念としてきました。また、気候・持続可能な都市研究所のレッド・コンスタンティーノは、V20ー脆弱性20のエキスパートアドバイザーとして、途上国の立場からの気候変動対策の必要性を訴えます。

F20とは

F20とは、ハンブルグサミット(2017年)を機会に誕生した取り組みで、ドイツの慈善事業財団、財団法人を中心に設立され、現在では世界各地の45以上の団体が参加し、気候変動の危機を回避するために世界的な脱炭素化傾向をさらに推し進め、G20諸国を含めた国内外の社会と政府の架け橋として活動しています。自然エネルギー財団は、F20に日本から初めて参画する財団法人として、2018年より運営委員を務めています。国内外の慈善事業財団を中心としたワークショップ、気候変動の識者を招いての国際会議の開催や、政府との対話の促進に取り組んでいます。

https://www.renewable-ei.org/activities/events/20190613.php

詳細

日付:
6月13日
時間:
10:00 AM - 6:00 PM
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,

主催者

F20(Foundations Platform F20) 公益財団法人 自然エネルギー財団

会場

イイノホール
内幸町2丁目1−1
千代田区, 東京都 100-0011 Japan
+ Google Map