民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

『社会運動史研究』(新曜社)刊行開始記念・合評会:運動史とは何か?

4月26日 @ 5:30 PM - 8:00 PM

| ¥500

『社会運動史研究』(新曜社)刊行開始記念・合評会:運動史とは何か?

・日時 2019年4月26日(金) 17時30分開始(17時開場)~20時
・場所 ピープルズ・プラン研究所

〒112-0014 
東京都文京区関口1-44-3信生堂ビル2F
【地下鉄から】
◎地下鉄有楽町線「江戸川橋駅」1-b出口徒歩5分
◎地下鉄東西線「早稲田駅」1番出口徒歩15分
◎地下鉄東西線「神楽坂駅」2番出口徒歩15分
[江戸川橋駅(有楽町線)からの行き方]
江戸川橋駅1-b出口を出て、左手に天丼てんや、ドトールコーヒー、ファミリーマートなどを順に見ながら大通り(新目白通り)を5分ほど歩くと、「一休橋入り口」という交差点があります。そこを左に曲がって、道路の左側にある3つ目のビルです。1階は「だいもん印刷」さん、2階がピープルズ・プラン研究所です。
 http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

・参加費 500円

■問題提起:
加藤一夫さん
天野恵一さん

*加藤一夫:1941年生まれ。大学闘争に参加。1970年代に『社会運動史』に関係。国立国会図書館勤務の後、大学教員(政治学・東欧史)。『世界から』・『クライシス』元編集委員。著作に『記憶装置の解体』(エスエル出版会)・『東欧 革命の社会学』(作品社)・『ビキニ・やいづ・フクシマ』(社会評論社)など。
*天野恵一:1948年生まれ。全共闘運動以降、運動を継続しながら、『情況』・『インパクション』・『批評精神』・『運動〈経験〉』等の編集に関与。著作に『全共闘経験の現在』・『「無党派」という党派性』・『無党派運動の思想』(インパクト出版会)・『沖縄経験』(社会評論社)など。

■応答(『社会運動史1』編者):
大野光明
小杉亮子
松井隆志(司会兼)

 運動史は、何のために、誰に向けて、何を対象として、いかなる手法で、どのような形で、……紡がれるべきなのか。
 今年2月、『社会運動史1 運動史とは何か』(新曜社)が刊行された。これは、運動史を考えるための新しいメディアである。
 このたび、発刊を記念して、加藤一夫さんと天野恵一さんをコメンテーターとして迎え、『社会運動史研究1』の合評会を行う。お二人は、これまでの数十年、具体的な運動を担いつつ、運動史にも関わり続けて来た。同書へのコメントと、それを踏まえた「運動史とは何か?」について、問題提起してもらう。
 運動史をどのように考えるべきか、議論を深めたい。

・主催 戦後研究会(ピープルズ・プラン研究所内)
   +『社会運動史研究1』編者一同
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/news/article.php?storyid=595

詳細

日付:
4月26日
時間:
5:30 PM - 8:00 PM
料金:
¥500
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/news/article.php?storyid=595

主催者

ピープルズ・プラン研究所
Webサイト:
2011shinsai.info/

会場

ピープルズ・プラン研究所
関口1-44-3信生堂ビル2F
文京区, 東京都 112-0014 日本
+ Google Map
Webサイト:
http://www.peoples-plan.org/jp/