民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

「祝賀資本主義」に抗して-天皇制代わりとオリンピック-

4月18日 @ 6:30 PM - 8:30 PM

| ¥800

「祝賀資本主義」に抗して-天皇制代わりとオリンピック-

4月18日(木)18時30分~ 劇団展望
劇団展望(東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-3-32)
   ●地下鉄丸の内線・南阿佐ヶ谷駅から徒歩3分
   ●JR阿佐ヶ谷駅南口から徒歩8分

■講師 鵜飼 哲さん(一橋大学名誉教授)

・今年5月1日の天皇代替わり、そして2020年の東京オリンピック開催に向け、安倍政権は民衆を大規模に巻き込んだキャンペーンを開始し、その勢いで9条改憲に突き進もうとしています。
・講師の鵜飼さんは、この動きを「祝賀資本主義」と呼んでいます。天皇代替わりやオリンピックのような「祝い事」を作り、ゼネコンやセキュリティ産業に膨大な予算を投入し、リストラや貧困などの社会問題から人々の目をそらし、民衆の意識を国家目的に動員しようとする体制です。そしてこの「祝祭」の非常事態体制の下に、人々の権利を停止させ、抗議の声の抑圧を進めようとします。それは資本主義として様々な矛盾を抱え込みながら、民衆の意識を戦争体制に動員していく体制でもあります。
・本講座では、「2020オリンピック災害おことわり連絡会」で活躍する鵜飼さんに、天皇代替わりとオリンピックについて、「祝賀資本主義」をキイワードに徹底的に批判して頂きます。

《 鵜飼 哲(うかい さとし)さんのプロフイール 》
●1955年生まれ。一橋大学名誉教授、一橋大学大学院言語社会研究科特任教授。フランス現代思想史、特にジャック・デリダ研究で著名。「インパクション」編集委員。原発・天皇制 ・オリンピックなど様々な問題について、精力的に抗議声明・運動を行っている。
●著書に「償いのアルケオロジー」(河出書房新社1997年)、「抵抗への招待」(みすず書房19 97年)、「主権のかなたで」(岩波書店2008年)、共著に「なぜ、いまヘイト・スピーチなのか―

差別、暴力、脅迫、迫害―」(三一書房2013年)、「反オリンピック 宣言」(航思社2016年)、共編著に「『ショア―』の衝撃」(未来社1995年)、「『日の丸・君が代』を超えて」(岩波書店1999年)など多数。

予約不要です。ご来場お待ち申し上げます。
■主催 阿佐ヶ谷市民講座実行委員会  ■参加費 800円(学生400円)

■連絡先 東京都杉並区今川4-23-15-205(阿佐ヶ谷市民講座実行委員会)
   ●直通電話: 090-8080-6860
■メール asagayashiminkouza[at]yahoo.co.jp ■ブログ http://ameblo.jp/asagaya-kouza[at]を@に代えてください
https://ameblo.jp/asagaya-kouza/

詳細

日付:
4月18日
時間:
6:30 PM - 8:30 PM
料金:
¥800
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
https://ameblo.jp/asagaya-kouza/

主催者

阿佐ヶ谷市民講座実行委員会

会場

劇団展望
阿佐ヶ谷南3-3-32
杉並区, 東京都 166-0004 Japan
+ Google Map