民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

[連続講座]安倍改憲と憲法9条̶̶「憲法9条とは何か」を問いながら

11月10日 @ 1:30 PM - 3:30 PM

| ¥500

[連続講座]安倍改憲と憲法9条̶̶「憲法9条とは何か」を問いながら

◆第2回◆

自衛隊と防災・災害救助

[報 告]
「防災への自衛隊参加の現状とその批判」
(戦争に協力しない! させない! 練馬アクション)池田五律さん
「小田実『被災の思想』から考える」 
(反安保実/ピープルズプラン研究所)天野恵一

日 時:2018 年 11 月 10 日(土) 13:30~
場 所:ピープルズプラン研究所

〒112-0014 
東京都文京区関口1-44-3信生堂ビル2F
【地下鉄から】
◎地下鉄有楽町線「江戸川橋駅」1-b出口徒歩5分
◎地下鉄東西線「早稲田駅」1番出口徒歩15分
◎地下鉄東西線「神楽坂駅」2番出口徒歩15分
[江戸川橋駅(有楽町線)からの行き方]
江戸川橋駅1-b出口を出て、左手に天丼てんや、ドトールコーヒー、ファミリーマートなどを順に見ながら大通り(新目白通り)を5分ほど歩くと、「一休橋入り口」という交差点があります。そこを左に曲がって、道路の左側にある3つ目のビルです。1階は「だいもん印刷」さん、2階がピープルズ・プラン研究所です。

資料代:500 円

◉この講座は今後、隔月のペースで行う予定です。
◉今後のテーマとして、「国家の自衛権と非武装の思想」「今ある自衛隊をどうするか」などを考えています。ただし、参加者との議論のなかでテーマも適宜変更していきます。

安倍政権の進める改憲=自衛隊の憲法(9条)への明記。それは、中国への侵略戦争、アジア太平洋戦争敗戦の結果とその反省をふまえ選択された戦争放棄・非武装の道が、自衛隊の「容認」によって最終的に閉ざされることを意味します。「専守防衛」「人道派遣」とならんで、自衛隊の「容認」「支持」の拡大の大きな要因として、「災害救助」「防災」があげられます。今回は、「戦争のための軍隊」が「災害救助」を看板に認知される現状を批判的に解明します。その上で、軍事力を拒否する私たちは、存在している「自衛隊」をどうするか、という難問についても考えたいと思います。

主催:ピープルズプラン研究所
協力:反安保実行委員会
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/news/article.php?storyid=587

詳細

日付:
11月10日
時間:
1:30 PM - 3:30 PM
料金:
¥500
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
http://www.peoples-plan.org/jp/modules/news/article.php?storyid=587

主催者

ピープルズ・プラン研究所
Webサイト:
2011shinsai.info/

会場

ピープルズ・プラン研究所
関口1-44-3信生堂ビル2F
文京区, 東京都 112-0014 日本
+ Google Map
Webサイト:
http://www.peoples-plan.org/jp/