民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

第113回土曜セミナー・テーマ:三韓征伐-古代朝鮮支配「言説」の消長

11月10日 @ 2:00 PM - 4:00 PM

| ¥1000

第113回土曜セミナー・テーマ:三韓征伐-古代朝鮮支配「言説」の消長

8世紀初めに『古事記』や『日本書紀』が編纂されて以来、日本の支配層のみならず多くの人々によって、遠い過去に神功皇后が三韓(古代朝鮮半島)を征伐したと信じてきました。明治政府も韓国併合を、古代の三韓征伐と重ね合わせてプロパガンダに努めたため、三韓征伐は国民的な常識となりました。そのような言説が、どのように古代から語り継がれ、近代に国民的常識となりながらも、1970年代に至って歴史学上の問題としても国民の常識としても覆されていく過程について論じてみたいと思います。

会 場:在日韓人歴史資料館
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32 韓国中央会館別館(受付3F)
東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番」駅下車
2番出口から徒歩3分
*当館に駐車場はありません。車での来館はご遠慮ください。
日 時 : 2018年 11月 10日(土) 14時~16時
講 師 : 李成市(当館館長、早稲田大学教授)
     1952年名古屋市生まれ。1982年早稲田大学大学院博士課程修了。博士(文学)。
     早稲田大学文学部助教授を経て、現在、早稲田大学文学学術院教授、早稲田大学理事。
     早稲田大学朝鮮文化研究所所長、韓国木簡学会会長(韓国)。専攻は朝鮮古代史、
     植民地朝鮮における史学史。著作に『闘争の場としての古代史』(岩波書店、2018)、
     『東アジアの王権と交易』(青木書店、1997)、『古代東アジアの民族と国家』(岩波書店、1998)、
     『創られた古代』(三仁出版、2000、韓国)、『古代朝鮮の考古学と歴史』(共編著、雄山閣、2002)、
     『植民地近代の視座』(共編著、岩波書店、2004)、『木簡から古代がみえる』
     (共著、岩波書店、2010)、『岩波講座 日本歴史』(共編著、全22巻、2015)など多数。

参加費: 1,000円(会員800円、学生500円)

在日韓人歴史資料館
http://j-koreans.org/event/event1_01.html

詳細

日付:
11月10日
時間:
2:00 PM - 4:00 PM
料金:
¥1000
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
http://j-koreans.org/event/event1_01.html

主催者

在日韓人歴史資料館

会場

在日韓人歴史資料館
南麻布1-7-32
港区, 東京都 106-8585 Japan
+ Google Map