民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

ケチって火炎瓶事件の真相を語る 安倍首相は暴力団に選挙妨害を依頼したのか

9月27日 @ 6:45 PM - 8:45 PM

| ¥1500

ケチって火炎瓶事件の真相を語る
安倍首相は暴力団に選挙妨害を依頼したのか

■日時:2018年9月27日(木)18時45~20時45分
■受付時間:18時15分~
■会場:明治大学駿河台キャンパス研究棟・第1会議室/★要予約(定員50名)
(東京都千代田区神田駿河台1-1)
■アクセス:JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅西口下車/地下鉄・都営線「神保町」か「新御茶ノ水」駅下車
■主催:アジア記者クラブ(APC)
■資料代:1500円/会員1000円/明治大生無料(要予約)
■ゲスト:山岡俊介さん(ジャーナリスト)

 安倍晋三事務所が1999年の下関市長選挙で暴力団に通じる人物に選挙妨害を依頼し、成功報酬をケチったため、安倍首相の事務所や自宅などに火炎びんが投げ込まれた事件はSNSで拡散し、今年7月には参議院で山本太郎議員に追及されたことで、現職総理大臣と反社会勢力との関係が白日の下にさらされることになった“事件”は記憶に新しい。
 それだけではない。注目すべきは、この事件を発掘し追及したのが山岡俊介さんらフリージャーナリストの調査報道であったことだ。安倍首相との会食が伝えられる大手メディアの後追い報道はない。
 この事件はこれだけでは止まらなかった。山岡さんが今年8月7日、新宿地下街の階段で背後から何者かによって押されて転落、右肩骨折と頭部を7針縫う重傷を負わされたからだ。山岡さんはこれまでも、武富士の追及で自宅を盗聴され、別件では自宅が放火される圧力と恫喝にもさらされてきた。
 9月定例会は、インターネット新聞『アクセスジャーナル』の代表でジャーナリストの山岡俊介さんをお招きします。山岡さんは零細編集プロダクションを皮切りに大衆週刊誌や『噂の真相』などで執筆を重ねてきた叩き上げのジャーナリストです。当日は、安倍首相と反社会勢力との関係と重症を負わされた事件の経緯を、大手メディアの社会部記者に「取材ネタなど幾らでもある」と話す山岡さんに皆さんと対面で余すことなく語っていただきます。
 
http://apc.cup.com/

詳細

日付:
9月27日
時間:
6:45 PM - 8:45 PM
料金:
¥1500
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
http://apc.cup.com/

主催者

アジア記者クラブ(APC)
Webサイト:
http://apc.cup.com/

会場

明治大学駿河台キャンパス
神田駿河台1-1
千代田区, 東京都 101-8301 日本
+ Google Map
Webサイト:
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html