民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

SDGsのための国際貢献と国際連帯税を考えるシンポジウム

7月26日 @ 1:30 PM - 4:30 PM

SDGsのための国際貢献と国際連帯税を考えるシンポジウム

来る7月26日、「グローバル連帯税フォーラム」と「国際連帯税創設を求める議員連盟」との共催で国際連帯税に関するシンポジウムを、下記の通り開催します。このシンポジウムは、我が国での国際連帯税実現に向けての機運・世論の盛り上げを図るものですが、同時に来年大阪で開催されるG20首脳会議(サミット)に向け新しい開発資金創設を呼びかける準備を行うものです。

国際連帯税につき、我が国では、外務省が2010年度税制改正で新設要望を提出し、これをNGOや議員連盟が支援してきました。2012年にはいわゆる『社会保障と税の一体改革法』が国会で成立し、「国際連帯税について国際的な取組の進展状況を踏まえつつ,検討すること」と謳われましたが、いまだ検討されず、したがって国際連帯税導入に至っていません。

一方、今日グローバル社会は「(地球上の)一人も取り残さない」というSDGs(持続可能な開発目標)達成に向けて努力する時代に入っています。ところが、目標とそれを実現するための資金ギャップは激しく、開発資金が圧倒的に足りません。そこで新しい公的資金源としての国際連帯税への期待はいっそう高まっています。

来年6月には日本が議長国となってG20首脳会議が開催されますが、他にも国際イベントが続きます。そういうなか、河野外務大臣は6月の議員連盟総会で、国際社会に対して「SDGs推進とその資金源としての国際連帯税の導入に向け環境整備を図りたい」(要旨)との提案を寄せられました。

シンポジウムですが、河野外務大臣のご出席を要請しております。基調講演は、金子文夫・横浜市立大学名誉教授が「国際連帯税の意義と未来」と題して行います。また、有識者・専門家、国際機関、NGO・市民社会、企業、労働組合、宗教団体、海外専門家(予定)など各界からコメントをいただき、最後に「宣言文」を採択します。

みなさまの積極的なご参加をお待ちしております。また、ご関心のありそうなお知り合いの方々にも、ぜひご共有いただけますと幸いです。

1)名称:「SDGsのための国際貢献と国際連帯税を考えるシンポジウム」
2)日時:7月26日(木) 午後1時30分~4時30分
3)会場:衆議院第一議員会館国際会議室
4)共催・後援:
   ・共催:グローバル連帯税フォーラム、国際連帯税創設を求める議員連盟
   ・後援:外務省、日本リザルツ
5)参加費:無料

6)申込み:次の申込みフォームから申込みください
https://goo.gl/T8QSkx

7)問合せ:グローバル連帯税フォーラム  電話090-3598-3251 
eメール: gtaxftt[at]gmail.com [at]を@に代えてください

<プログラム>  ※詳細は、http://isl-forum.jp/ をご覧ください。
●第1部:共催・後援者あいさつと基調講演
●第2部:各界からの支援・コメント
     <旧議員連盟役員、専門家、国際機関、NGO・市民社会、企業、労働組合、宗教団体、海外専門家(予定)>
●第3部:宣言文採択
(シンポジウム終了後、懇親会を行います。6時30分まで)

(*)6月6日に開催された国際連帯税議員連盟総会での河野大臣メッセージ:
「…国際社会はSDGs実現に必要な資金の不足に直面しており…伝統的なODAだけでは資金量は十分ではなく、新たな資金調達方法として国際連帯税は有効な手段となる…来年のG20、TICAD VII、国連ハイレベル政治フォーラムなど(で)…SDGs推進の機運と行動を盛り上げながら、国際連帯税導入に向けた、一層の環境整備を図っていきたい」

★写真は、2006年2月28日「国際連帯税に関するパリ閣僚会議」のオープニングセレモニーで演説するシラク仏大統領(当時)。場所はエリゼ宮(大統領府)で、日本からもNGOのオルタモンドが招待された。

http://isl-forum.jp/archives/2276

詳細

日付:
7月26日
時間:
1:30 PM - 4:30 PM
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,