民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

公開シンポジウム 「化学兵器とアジア―現在進行形の加害と被害を考える」

6月23日 @ 2:00 PM - 5:00 PM

image

公開シンポジウム 「化学兵器とアジア―現在進行形の加害と被害を考える」

日時:6月23日(土)14:00~17:30(開場13:00)
会場:成蹊大学4号館ホール

入場無料・申し込み不要
定員200名

CONCEPT

 この公開シンポジウムの目的は、一般の市民・学生参加者とともに、現代の化学兵器をめぐる加害と被害の事実について、「現実的で身近な問題」として知り、考えることである。
  二度の大戦下で悲惨な結果を生んだ化学兵器は、戦後、いわゆる「化学兵器禁止条約」(1993年締結、1997年発効)において、その使用だけでなく、軍 事目的の保有や研究も多国間条約で禁止された。しかし、旧日本陸・海軍は、戦時中、毒ガス兵器を研究・製造・使用し、中国はもとより、東南アジア全域で使 用した。敗戦時、旧日本軍が証拠隠滅のため河や海、土中に投棄したため、戦後73年たった今でも、日本や中国で、遺棄された毒ガス兵器による被害者が後を 絶たない。 中国では、被毒時に即死した者もいれば、長年苦しみながら、死に至った者、二次被害により名前を変えて生きる者もいる。日本では、2000年以降、神奈川 県寒川町、茨城県神栖町、神奈川県平塚市と毒ガス被害が続出。多くの被害者達が自力での闘病生活を続ける中、昨年、寒川の被害者の一人が、14年半の闘病 生活の末、亡くなった。
  毒ガスによる被害は、働けなくなるほど甚大な全身障害をきたしている。呼吸器、皮膚、消化器系や循環器系疾患にとどまらず、神経症場が生じる可能性も指摘 されている。しかし、国は一切の補償をしていない。被害者達は切り捨てられたまま、孤独な生活を強いられている。このように、日本やアジアにおいても化学 兵器による加害と被害は、現在進行中の問題なのである。
 本シンポジウムでは、中国・日本・アメリカにおける化学兵器の問題に精通し、被害者救済や企業責任などをめぐって、精力的に研究、行動している5名の登壇者を迎え、それらの知見を共有しながら、私たち自身の責任について考えたい。

◎成蹊大学までのアクセス(写真付)
https://www.seikei.ac.jp/university/aboutus/accessmap.html

  最寄り駅:JR中央線・総武線・京王井の頭線【吉祥寺駅】
  徒歩▶吉祥寺駅より徒歩約15分

  バス▶吉祥寺駅北口バスのりば 1・2番より 関東バス約5分「成蹊学園前」下車
   ※土曜日ダイヤです。お気をつけて下さいませ。 

  ▼のりば1 
  【吉73】向台町五丁目行(武蔵野大学経由)
   http://www2.kanto-bus.co.jp/blsys/tm/cur/sp/SPTT02101-1-0101.html
  【吉72】桜堤団地行(武蔵野大学経由)
   http://www2.kanto-bus.co.jp/blsys/tm/cur/sp/SPTT02101-1-0404.html
  【吉54】武蔵野市役所行
   http://www2.kanto-bus.co.jp/blsys/tm/cur/sp/SPTT02101-1-0505.html

  ▼のりば2 
  【吉53】緑町二丁目経由柳沢駅行(緑町二丁目経由0
   http://www2.kanto-bus.co.jp/blsys/tm/cur/sp/SPTT02101-2-0101.html
  【吉51】武蔵野営業所行(成蹊学園前経由)
   http://www2.kanto-bus.co.jp/blsys/tm/cur/sp/SPTT02101-2-0303.html

◎成蹊大学に着いてから会場(4号館)までのアクセス|成蹊大学キャンパスマップ
https://www.seikei.ac.jp/university/pdf/campusmap.pdf

https://crdcw.jimdo.com/180623/

詳細

日付:
6月23日
時間:
2:00 PM - 5:00 PM
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
https://crdcw.jimdo.com/180623/

会場

成蹊大学
吉祥寺北町3丁目3−1
武蔵野市, 東京都 180-0001 Japan
+ Google Map