民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

2018年3月阿佐ヶ谷市民講座 電通と「憲法改正国民投票」 ―原発、オリンピックなどメディアを使った恐るべき国家支配!―

3月15日 @ 6:30 PM - 8:30 PM

| ¥800

2018年3月 阿佐ヶ谷市民講座
とき・ところ 3月15日(木)18時30分~ 劇団展望にて

テーマ: 電通と「憲法改正国民投票」

―原発、オリンピックなどメディアを使った恐るべき国家支配!―

■講師 本間 龍 さん (元博報堂社員、現ノンフイクション作家)

●今年年頭と国会開始冒頭において、安倍首相は多くの反対の声を無視し、改憲に向けての決意表明をおこない改憲への動きを一段と加速させています。
  この改憲情勢に早くから危機感を持ち、国民投票法の問題点とその危険性について警鐘を鳴らし続けている方がいます。講師の本間龍さんです。元博報堂という電通に次ぐ大手広告代理店に勤めていた本間さんは、重大な欠陥を抱えたままの現「国民投票法」のもとで行われる投票は、圧倒的に改憲派に有利であると断じ、その最大の根拠として「電通」という日本最大の広告代理店の存在を指摘しています。
●本間さんは、電通があらゆるマスメディアを支配し、原発推進や改憲と一体のオリンピック開催など、様々な国家的事業推進に巨大な役割を果たしていること、そしていま安倍政権と一体で「国民投票」に向けて重大な役割を果たそうとしていること。すでにその準備作業は確実に開始されていると見るべきだと断じています。
  本間さんに国家権力と一体となった電通の存在と、その改憲に向けた恐るべき現実についてお話しいただき、改憲阻止のための理論武装を深めていきたいと思います。

 《 本間 龍(ほんま りゅう )さんのプロフイール 》
●1962年生まれ。大学卒業後18年間博報堂勤務。退職後2006年、業務中の損金処理にまつわる詐欺容疑で逮捕。

 一年間服役。09年「懲役を知っていますか」(学習研究社)で作家デビュー。
 3.11以後、広告業界とマスメディア・原発推進勢力との癒着を追及。また東京オリンピックなど、大手広告代理店のメ  

 ディアへの影響力の実態について発信するなど、幅広く活動する。
●著書に「名もなき受刑者たちへ」(宝島社)、「電通と原発報道」「原発広告」「原発広告と地方紙」 (以上3冊は亜紀書 

 房)、「大手広告代理店のすごい舞台裏」(アスペクト)、「原発プロパガンダ」(岩波書店)、「電通巨大利権」(サイゾー)、「メディアに

 操作される憲法改正国民投票」(岩波ブックレット)など多数。

■主催 阿佐ヶ谷市民講座実行委員会
■参加費800円(学生400円)
■会場  劇団展望(東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-3-32)
    ●地下鉄丸の内線・南阿佐ヶ谷駅から徒歩3分

    ●JR阿佐ヶ谷駅南口から徒歩8分
■連絡先 東京都杉並区今川4-23-15-205(阿佐ヶ谷市民講座実行委員会)
    ●直通電話: 090-8080-6860 
■メール asagayashiminkouza[at]yahoo.co.jp ■ブログ http://ameblo.jp/asagaya-kouza
[at]を@に代えてください

https://ameblo.jp/asagaya-kouza/

詳細

日付:
3月15日
時間:
6:30 PM - 8:30 PM
料金:
¥800
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
https://ameblo.jp/asagaya-kouza/

主催者

阿佐ヶ谷市民講座実行委員会

会場

劇団展望
阿佐ヶ谷南3-3-32
杉並区, 東京都 166-0004 Japan
+ Google Map