民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

『「創共協定」とは何だったのか』出版記念「社会主義と宗教との関係」

2月4日 @ 1:00 PM - 3:00 PM

| ¥700

『「創共協定」とは何だったのか』出版記念「社会主義と宗教との関係」

日 時:2月4日(日)午後1時~
場 所:文京区民センター 3C
    都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分
    東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
    東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分
    地図→http://skc-net.jp/info/map/map-kumin-center.htm

資料代:700円
報 告:北島義信さん(真宗高田派正泉寺前住職)
司 会:佐藤和之さん(高校教員)

(参加者には村岡到著『「創共協定」とは何だったのか』を特価1500円で頒布します。)

北島義信さん
 著書:『親鸞復興』同時代社、『坊主の品格』本の泉社
 論文:「宗教と平和──霊性を中心に」『フラタニティ』第8号=2017年11月

本のデータ(『「創共協定」とは何だったのか──社会主義と宗教との共振』)
村岡 到著 SQ選書14 四六判 192頁 1700円+税
社会評論社 03-3814-3861
 1964年に創成された公明党は「人間性社会主義」を長く唱えていた。
 創設者の池田大作は、共産党のトップ宮本顕治との対談で「宗教とマルキシズムの共存は文明的課題だ」とまで語った。
 彼が主導して1974年に結ばれた「創共協定」とは何だったのか。
 マルクスの「宗教はアヘンだ」という非難とそれを援用したレーニンによって宗教は排斥されてきたが、〈社会主義と宗教との共振〉こそが求められている。
目次
 「創共協定」の歴史的意義とその顛末
 社会主義と宗教との共振
 愛と社会主義
 戦前における宗教者の闘い
 親鸞を通して分かること

主 催:ロゴスの会
協 賛:社会評論社

詳細

日付:
2月4日
時間:
1:00 PM - 3:00 PM
料金:
¥700
イベントの種類:
イベントのテーマ:
, ,

主催者

ロゴス

会場

文京区民センター
本郷4丁目15-14
文京区, 東京都 日本
+ Google Map