民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

朝日新聞はどこに向かうのか~紙面の迷走を検証する~

1月20日 @ 5:00 PM - 7:30 PM

| ¥1500

朝日新聞はどこに向かうのか~紙面の迷走を検証する~

■日時:2018年1月20日(土)17時~19時30分
■受付時間:16時10分~
■会場:専修大学・神田キャンパス5号館4階542教室/★要予約(定員50名)
(東京都千代田区神田神保町3-8)
■アクセス:JR「御茶ノ水」下車/地下鉄半蔵門線・都営三田線「神保町」下車)
■主催:アジア記者クラブ(APC)
■協力:山田健太研究室
■資料代:1500円/会員1000円/専修大生無料(要予約)
■ゲスト:高嶋伸欣さん(元琉球大学名誉教授)

月刊誌『FACTA』が朝日新聞の実売部数が444万部で、押し紙率が32%を占めるとの社員の内部告発を報じたのは2017年4月のことです。2014年の朝日バッシングを挟んだ10年前から東京新聞に購読を切り替えたという朝日新聞購読者の声の増加が話題になってきました。吉田調書報道と「慰安婦」報道での記事取り消し問題で社長が引責辞任して以降、森友問題の報道では気を吐いたものの、全体として記者の萎縮が目立ち、安易な記事の量産、間口を広げると称した奇妙な両論併記、右派論壇と見まがう紙面の登場など、“中立”を装う朝日新聞の紙面にリベラルな読者は不信感を募らせてきたのではないでしょうか。

1月定例会は、今も続く「朝日バッシング」に、なぜ朝日新聞がはっきりと反論しないのかと苛立ちを隠さない高嶋伸欣さんをゲストにお招きします。高嶋さんは、記者が戦争体験どころか基本的権利(人権)が広範に認められていない時代を、権利獲得で生き抜いてきた体験もなく現在の諸権利が最初から存在していたとの思い込みで、油断したらそれらが失われるという意識のない世代が記者の大半を占めるようになった結果が今日の迷走の背景だと指摘。記者の世代交代を想定した体制作りを怠った結果ではないのかと説明しておられます。当日は、教育・教科書問題や拉致問題を中心に実際の新聞記事を使って何が問題なのかを解説していただきます。

主催:APC アジア記者クラブ
http://apc.cup.com/

詳細

日付:
1月20日
時間:
5:00 PM - 7:30 PM
料金:
¥1500
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
http://apc.cup.com/

会場

専修大学神田キャンパス
神田神保町3-8
千代田区, 東京都 101-0051 日本
+ Google Map
Webサイト:
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access/kanda_campus.html