民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

公開講演会「脱原発と核兵器廃絶をめざして ―私たちに何ができるのか」

12月15日 @ 2:45 PM - 6:45 PM

公開講演会「脱原発と核兵器廃絶をめざして ―私たちに何ができるのか」

日時:2017年12月15日(金)14:45~16:45
場所:桜美林大学 町田キャンパス 太平館2階 A200
〒194-0294 東京都町田市常盤町3758
アクセス
淵野辺駅(北口):無料スクールバスで約8分(10分間隔で運行)
多摩センター駅(南口):無料スクールバスで約20分(30分間隔)
町田駅(町田バスセンター): 神奈中バスの小山田桜台行き等 桜美林学園(前)(東)下車

参加費/お申し込み:無料/不要

リベラルアーツ学群の倫理学専攻は、NPO法人原子力資料情報室事務局長の松久保肇氏をお招きし、学生と市民の共学をめざして「脱原発と核兵器廃絶」をテーマとする公開講演会を開催します。

この公開講演会の企画趣旨は以下のとおりです。

最近の極東アジア情勢は、北朝鮮による相次ぐ核実験やミサイル発射実験に連動して、日々、緊迫の度を深めつつあります。これまでにないこうした危機に鑑み、あらためて考えるべきは、ヒロシマとナガサキ、そしてフクシマを経験した私たちが再認識しなければならない問題の本質とは何か、そして私たちが担うべき課題や希望とは何か、ということではないでしょうか。
このような問題意識から、今回の公開講演会は企画されました。原発(=核発電)による経済成長と核兵器の抑止力による安全保障は、私たちに真実の豊かさと安全・安心を保障するものなのでしょうか。新たな原発災害と核戦争による人類を含む生命の消滅すら予感させるこの危機のなかに、私たちはなんとしても平和への希望を見出さなければなりません。今回の企画は、大学生と市民が大学という公共の場において私たちをとりまく不都合な真実の姿をじっくり考え、共に学び合うことをめざす新たな試みでもあります。
今の時代に違和感や言いしれぬ不安感をお持ちの多くの市民と学生、そして教職員のご参加を歓迎します。

講師:松久保 肇さん
原子力資料情報室 事務局長 国際関係担当
1979年生まれ。国際基督教大卒、金融機関勤務を経て原子力資料情報室研究員。2016 年法政大大学院公共政策研究科修士課程修了。関心分野は、原子力政策、原子力の国際 展開、原子力協定、核燃料サイクル。共著に原子力市民年鑑、検証福島第一原発事故(共 に七つ森書館)など 新外交イニシアティブの猿田佐代さん等と、日米原子力協定の期限が迫ってきたこと に対応して、核燃料再処理の問題を中心に、9月にアメリカでロビー活動に従事

お問い合せ
桜美林大学 リベラルアーツ学群
倫理学専攻 主任 中島吉弘
TEL : 042-797-9624
Email : nakaji11[at]obirin.ac.jp

主催 : 桜美林大学リベラルアーツ学群倫理学専攻 共催 : 原発事故を考える町田市民の会
http://www.obirin.ac.jp/topics/event/year_2017/7fl2960000098mt9.html

会場

桜美林大学町田キャンパス
常盤町3758
町田市, 東京都 194-0294 Japan
+ Google Map