民主主義を応援するポータルサイト

イベントカレンダーイベントカレンダー

Loading イベント

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しています。

“小池都政”の1年3カ月を診断しよう!―“「都民ファースト」の都政”はどこへ向かうか?

11月5日 @ 2:00 PM - 5:00 PM

| ¥600

“小池都政”の1年3カ月を診断しよう!
     ―“「都民ファースト」の都政”はどこへ向かうか?

☆と き:2017年11月5日(日)午後2時開会(1時半開場)~ 5時
☆ところ:高井戸地域区民センター (TEL03-3331-7841)第9集会室
     井の頭線高井戸駅下車3分
      アクセスhttp://sdh-takaido.sakura.ne.jp/overview.html
☆資料代:600円(休職中の方、高校生以下無料)

 大きな風が吹き291万票という票を得て、 小池都政が発足してから約1年。しかし、衆院選では追い風は吹かず、「希望の党」 の先行きはどうなるのでしょうか。

 一年余り、“時の人”であり続けた小池百合子氏、築地・ 豊洲問題、莫大なオリンピック費用の負担、貧困と格差の広がり、 教育現場と子どもの苦悩など、待ったなしの大問題をかかえる東京都政、国政との二足のわらじで、 都民の暮らしに関わる難問を解決することが出来るのでしょうか? 都民が住みやすい都政の実現、“都民ファースト” の政治を小池氏に期待することができるのでしょうか。

“フォーラム杉並”第6回企画は地方行政、 とりわけ東京都政研究の第一人者である進藤兵さん(都留文科大学教授)をお呼びして、 小池都政のこれまでとこれからの小池都政についてお話を伺います。 いつものように率直な意見交換を通してご一緒に考えていきましょう。 どうぞ、ご参加ください。心よりお待ちしています。

☆お話:進藤 兵(しんどう・ひょう)さん( 都留文科大学教授)
   1964年生まれ。 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。
   東京大学社会科学研究所、名古屋大学を経て現職。
   専攻は政治学・地方自治論・都政史。
   著書:進藤兵/渡辺治編『東京をどうするか― 福祉と環境の都市構想』岩
      波書店ほか。

☆聞き手:永田浩三さん(武蔵大学教授・元NHKディレクター)

☆主催:フォーラム杉並:連絡先:090ー9833-6070( 河添)

詳細

日付:
11月5日
時間:
2:00 PM - 5:00 PM
料金:
¥600
イベントの種類:
イベントのテーマ:
,
Webサイト:
https://twitter.com/kawazoemakoto/status/926719077745397760

会場

高井戸地域区民センター
高井戸東3-7-5
杉並区, 東京都 168-0072 Japan
+ Google Map